Person

Centered Care

 

株式会社Aikomiは、認知症の方々が家族や介護者とともに

地域社会の中で、自分らしく暮らし続けるための

​ソリューションを提供します。

認知症の方々に行動心理症状 (不安・不眠・幻覚・徘徊など認知症にともなって起こる、認知機能障害以外の症状) が表れた場合、多くの病院や介護施設で、非薬物療法 (運動療法・心理療法など、薬を使わずに行う治療) が第一選択肢となります。しかし、現在の方法では効果が限定的であることが多く、薬物療法が開始されるケースが少なくありません。そういった薬の中には、深刻な副作用を引き起こすものもあり、本人・介護者ともに副作用にも悩まされるケースもあります。

非薬物療法を効果的に行うためには、次の2点が重要とされています:

  1. ケアに関わる3者 ―本人、家族、介護者― が互いに良いコミュニケーションをとりながら、取り組むこと

  2. ひとりひとりの状況に合わせて、視覚・聴覚・触覚などさまざまな感覚を刺激すること

 

Aikomi は、非薬物療法の効果を高めるために、これら2点を解決する技術プラットフォームを開発しています。

私たちは、認知症のケアに関わるさまざまな分野 (IoT や AI、認知症ケア用の生活家電、臨床開発など) の専門家と共同で、製品開発を行っています。実際に、製品化の過程ではそれら専門家の協力を得て、臨床試験も含めた製品テストを徹底的に行うことを計画しています。

 

Aikomi の製品を通じて、より多くの家族や介護者に非薬物療法が普及し、認知症にやさしい地域社会が作られることを、大きな目標としています。

 

​メンバー

CEO
ニック ハード

テキストの例です。ここをクリックして「テキストを編集」を選択するか、ここをダブルクリックしてテキストを編集してください。文字の色やフォントなど、テキストのスタイルを変更することもできます。作成したテキストは、ドラッグ & ドロップで自由に移動できます。

​COO
​加藤 潤一
CTO
​アミット タクール

テキストの例です。ここをクリックして「テキストを編集」を選択するか、ここをダブルクリックしてテキストを編集してください。文字の色やフォントなど、テキストのスタイルを変更することもできます。作成したテキストは、ドラッグ & ドロップで自由に移動できます。

テキストの例です。ここをクリックして「テキストを編集」を選択するか、ここをダブルクリックしてテキストを編集してください。文字の色やフォントなど、テキストのスタイルを変更することもできます。作成したテキストは、ドラッグ & ドロップで自由に移動できます。

​メンバー

代表取締役/CEO
ニック ハード

1999年に来日。25年以上大手製薬会社にて創薬・新技術開発に従事。

医薬品に留まらないサービスやソリューションで人々の幸せに貢献したいという想いから、株式会社Aikomiを創業。

趣味は茶道。化学博士、日本語検定1級保持。​

社外取締役
​大川 泰蔵

大手通信会社、政府系ファンドを経て、現在、JVCケンウッドにて、新規事業開発に従事。
ニック ハード、加藤 潤一と共に株式会社Aikomi立ち上げを構想。Aikomi社外取締役に就任。
趣味は娘との散歩。電子制御機械(ロボット)工学・経営学修士。

​共同創業者/COO
​加藤 潤一

大手製薬会社に入社以来、国内外研究所にて、抗癌抗体や中枢疾患の新規創薬ターゲット探索に従事。

実験室だけでなく、現場に寄り添った活動をしたいとの想いから、株式会社Aikomiを創業。

名古屋大学大学院生命農学研究科修士。​東京理科大学経営学研究科技術経営修士。

アドバイザー
​前田 潔

Dementia friendly communityの実現を目指す。ニック ハードとは親友であることから、Aikomiを手伝っている。

趣味は妻とネコが待つ自宅に帰ること。

神戸市認知症対策監として神戸市の認知症施策にアドバイスを行う。認知症専門医、神戸学院大学特命教授、神戸大学名誉教授。

Tech Adviser
​サミック ゴッシュ

2007年テキサス大学アーリントン校にて博士号を取得。米国のスタートアップ企業等での経験を活かして、2008年よりSBIのシニアリサーチャーとして活躍。株式会社SBXの取締役CTOを兼任。現在、AIデータ解析のためのGaruda Platform Projectをリードする。

アドバイザー
​古和 久朋

神戸大学大学院保健学研究科教授

専門はアルツハイマー病を中心とした認知症疾患の臨床と神経病理学的研究、地域密着型の認知症予防介入。
1995年東京大学医学部医学科を卒業後、2004年同大学にて博士課程修了。マサチューセッツ総合病院や東京大学医学部附属病院にて勤務の後、2010年神戸大学医学部神経内科講師,2012年同准教授に就任。2018年より現職。

 

Aikomi family

認知症への取り組みは一社のみでできるものではありません。我々は異なる分野の複数の企業や個人が協力し合うことで、より良いソリューションを

提供できると考え、様々な方々とのパートナリングを行っています。

​動画ご提供者様一覧

法人の方々

​株式会社アイム 様 ひつじ屋 様 コーヒーギーク 様 松本社寺 様 

MakkinCorporationLogo.png
solaris_logo.jpg

個人・団体の方々

厚澄会 様 美窪たえ / おとな料理制作室 様 大町雅俊 様 「超わかる!授業動画」様  武田拓郎 様 門田江理様 寒竹由佳 様 neokoba 様 aminekoのアトリエ 様

      

Genya Logo.png
 

お知らせ

March 31, 2020

市川市での実証実験の様子がnoteに掲載されました

弊社が市川市で行った社会実証実験の様子がnoteに掲載されました。

実証実験ではご自宅にお邪魔し、弊社システムを使用していただきました。

今後も介護施設だけでなく、在宅でもサービスを提供できるように実証実験を進めていき、より多くの認知症の方々の笑顔が得られることを目指していきます。

実証実験の様子は下記をご覧ください。

March 29, 2020

TECH Rocketship AWARDS 2019-2020を受賞しました

英国政府によって行われた、日本の革新的なテック企業を表彰する「テック・ロケットシップ・アワード」を弊社が受賞しました。

受賞したカテゴリーは「Healthy Ageing-高齢化社会のための医療関連テクノロジー」であり、日本と同様に高齢化社会に悩む英国でソリューションを提供することが期待されています。

日本のみならず英国などの海外でも弊社のソリューションが高齢化問題の解決の一つとなるべく、今後も幅広く事業展開の可能性探索とネットワーク構築に力を注いでいきます。

詳細については以下のリンクをご覧ください。

March 01, 2020

日経クロステック/日経デジタルヘルスに掲載されました

​2020年3月2日付の日経クロステック/日経デジタルヘルスに弊社の取組みが紹介されました。

題名は「認知症患者をデジタル技術で支援、「周辺症状」を緩和する新サービスがすごい」です。

今後も積極的に弊社の活動を発信し、認知症と認知症ケアへの理解を深めていきたいと考えています。

詳細は以下をご覧ください。

1 / 8

Please reload

 

​新しい認知症ケアを我々と一緒に

創っていく仲間を募集しています。

■認知症の行動心理症状緩和システムの開発

デジタルで認知症に立ち向かいたい、自分のスキルを社会貢献に活かしたい方を探しています。

          フロントエンドエンジニア

          バックエンドエンジニア

製品に自分のアイデアを詰め込み、初期メンバーとして活躍できるチャンスです。

また大手の会社や、弊社のサポーターである北野宏明氏などとも関わりながら、

システム開発に携わることが可能です。

widget_banner_C_pc_468×60.png

昭和の懐かしい写真・映像を

認知症の方のためにご提供ください!

ご家庭に眠っている、昭和に撮影された”街並み・暮らし・祭り・観光施設”等の写真・映像は、認知症の方の行動心理症状を緩和する効果が期待されます。

既に札幌や北九州などの地域では、ご家族にご提供いただいた写真を

多くの認知症の方にご覧いただいており、様々な効果が得られております。

詳しくは下記問い合わせ先まで!

 

会社概要

会社名
​株式会社Aikomi
資本金
​5,084万円
設立年月
​2018年2月